あ〜、ほんとに師走だ〜〜〜

  • 2006.12.28 Thursday
  • 05:24
なにやら、本当にやることが多すぎる。
という訳で、少し久しぶりの書き込みです。

年末・年始何かと飲む機会が多いと思います。
私も結構「運転代行屋」さんを利用させていただきました。


そこで、そういう時に何かの薬を服用する場合があります。

たとえば歯痛、頭痛等の時にお世話になるのが鎮痛剤
この鎮痛剤の中で、主成分が「アセトアミノフェン」というのがある。
たぶん一般薬では「小児用バファリン・カロナール・ナバ」などがそうかと思いますが、
日本ではあまり聞こえて来ませんが、アメリカでは結構多くの報告例がたくさん
あります。

,弔泙蠡仁未縫▲襯魁璽襪魄んだときの服用、
△泙燭鰐剤を多量に飲んだとき

上記のケースのような場合、死亡するケースがある。

大げさに書いている訳ではありませんが、特に”薬剤”とアルコールを併用すると効果・効能が亢進し過ぎることが多く、副作用が出やすい。


これから年始にかけてまだまだ飲む機会も多いと思います。
お気をお付け下さい


尚、本医院の診療は年末12月29日(金)の夜8:00まで。
         年始は1月4日(木)の朝10:00から診療を開始

1月6日(土)は朝からつつじ歯科の障害者治療の担当の為、休診となります。



原因となり得る市販薬剤(アセトアミノフェン含有量)

薬 品 名 含 有 量
リンセス顆粒(1包) 480mg
新ジキニン顆粒(1包) 300mg
パブロン顆粒(1包) 300mg
ベンザエースD顆粒(1包) 300mg
ノーシン(1包) 300mg
エザック顆粒(1包) 180mg
ベンザエースカプセル(1カプセル) 150mg
エキセドリンA錠(1錠) 150mg
ナロン錠(1錠) 132.5mg
新ルル錠(1錠) 100mg
グレランエース(1錠) 100mg
セデスA錠(1錠) 80mg
コンタック総合感冒薬(1カプセル) 45mg
パブロンAM錠(1錠) 40mg
コメント
ニースのブログが....実際にはこれについてのより多くの情報がある...本当にDrugs.comの薬物相互作用ガイドは、各薬物相互作用のメカニズムを、相互作用(中程度のメジャーまたはマイナー)、およびの重要性のレベルについて説明しますよ特定のケースの相互作用を管理するためのアクションの推奨コースを提供することができます。

処方薬および非処方薬に関する一般情報については、Drugs.comデータベースを参照してください。医薬品情報は、使いやすい方法で消費者や医療従事者のために提供されるサービスは完全に無料です。
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM