Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
噛みあわせの高さについて
0
    噛みあわせの高さについて感心のある方はまずいないと思います。

    実はこのことは大変な要素を含んだ重大なことなのです。

    今診療中の義歯をしている方が、
    要約すると「お口が狭くなった感じがすることと、舌も片方によってしまって、お口の端から涎が出てしょっちゅうハンカチで拭かなければならない状態」だと言ってみえました。

    明らかにこれは噛み合わせが低くなった状態の症状です。

    そこで義歯の高さをとりあえず高くして様子を1週間ほど見ました。
    するとお口の中の狭い感じも、涎の問題も見事に改善しました。
    よって後日、新しく義歯を新しく作り直すことにしました。

    上記の1つの例の他にたくさんの症状を表してくることが多くあります。

    噛み合わせが低くなりますと
    下顎が奥に移動して行きますので自律神経失調症のような症状が出やすい
     肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、胃弱、手足の冷え性、生理が重くなる等

    上唇に縦じわが出来るようになる

    口角より涎、唾の泡がでる

    精神的にいらいらしたり、不安定になり不定愁訴を訴える

    物が飲みづらくなる

    老人顔になる、口の形が変形する

    すぐに思いつくだけでも上記のようにあります

    以前川崎から通っていた30台の男性は「めまいがしたりして、いらいらがつのり、やる気が全くなくなりふさぎこんで仕事にもいけなくなった」という方もいらしゃいました。精神科でも治らなく何かの本を見て本医院においでになったようでした。

    この方はほんとに大げさではなく、ほんとにこういう症状が出るのです。
    前の歯科医院で噛み合せの調整をしてもらったら余計にひどくなったとの
    ことでした。
    この方は精査の結果、片方のかみ合わせのスライドのしかたに問題があることがわかりました。
    こういう症状の方は絶対に調整して低くしては絶対にいけないのです。

    片方のある部分の当たり具合を2mmづつ上げて治療したところ
    今までの症状が全快しました。

    来るたびに笑顔が出てくるので回復具合が良くわかりました。
    その後仕事にも復帰されたようです。


    2つの例を出して「噛み合せの高さの問題」を簡単に書きましたが、
    個々によって千差万別の症状を表す、この問題は厄介で大変なことなのです。

    お困りの方がいらっしゃいましたらご相談下さい。
    一緒に真剣に取り組んで行きたいと思います。
    posted by: 02331525 | 歯科関連 | 04:25 | comments(4) | trackbacks(0) |
    はじめまして、自分の症状と共通点が多いため、コメントさせてください。
    最近、前歯5本をセラミック にしました。
    出来上がった歯は、今までの自分の歯より小さくなりました。また、セラミックの前歯に合わせて、健康な下の歯を削られ、以前より全体の高さが低くなってしまいました。
    それによってかはわからないのですが、いつも口内に泡が出ている状態で、発音がし辛いなどの症状があります。
    セラミック のやり直しはせず、高さの調節で改善することは可能でしょうか。。
    突然のメールで申し訳ございません。
    | さくら | 2019/01/17 9:40 PM |
    コメントに対して お答えしましたが届きましたでしょうか?
    | 浜田一彦 | 2019/01/17 11:53 PM |
    届いていないようですので もう1度。
    要約すると詳しくは 拝見してみないとお尋ねの文章だけではお答えし辛いです。
    が、しかし削られたのは前歯部だけみたいなので奥歯の咬み合わせまでは低くなっていないのでは?と思います。

    おそらく他に原因があると思います。

    それはセラミックの角度とか長さや前後的(水平的な距離)の問題、あるいは裏の形態なども関与します。

    いろいろな視点で拝見して、総合的に判断すべき状態だと思います。

    まずは治された歯科で1回相談をされてみては如何でしょうか?
    | 浜田一彦 | 2019/01/18 12:02 AM |
    ご連絡いただき、ありがとうございます。
    下の前歯全てと犬歯や、その奥など、全て、噛み合わせという理由で削られてしまいました。
    今まで全く泡がでる、話にくいなどなかったのですが、治療してからこのような症状が出てしまいました。。
    仮歯の時点で、その症状を先生にお伝えしたのですが、これは仮歯だから、そうなっている、歯がない状態では帰さないでしょ?という回答でした。
    しかし、セラミックをしっかりつけたあとも、このような症状なので、その件を伝えたら、下の歯の歯並びが悪いから、ガタガタだからしょうがないという理由で、治したいなら、下の歯もセラミックにするか、それとも歯の矯正をしている病院に行くしかないと言われてしまいました。
    その時点で不機嫌になってしまい、怒ってしまっていて、これ以上相談できない状態です。。
    私にはとても高額な料金だったので、悲しくてしょうがないです。
    今までこの歯並びで、話しにくい、泡が一日中出てるなど全くありませんでした。
    やはり他の病院に変更したほうがいいでしょうかか。セラミックをつけたあと、またやり直しとなると、歯もさらに痛むでしょうか。
    感情的なコメントになって申し訳ございません。。
    | さくら | 2019/01/18 11:30 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kamisyakujiisika.main.jp/trackback/138439
    トラックバック